【終了】6/24(土)第77回ええやん朝活読書会<テーマ:村上春樹「東京奇譚集」>

16298556_1923788407851192_7078150913750943687_n

今回は久々に課題本形式で読書会を開催いたします!

初めての方のために説明しておくと、課題本形式の読書会とはおすすめの1冊をそれぞれ持ち寄って紹介しあう形式ではなく
課題本としてあげられた1冊の本をあらかじめ読んできて、その本の感想について当日語りあうという形式です。

特に小説が課題本の場合は答えがなく、一人ひとり感じ方が違うことによって自分一人だけでは得ることのできない視点からの読書の醍醐味を味わうことができるのが特徴です。

そして、気になる今回の課題本はこちら!
村上春樹「東京奇譚集」
です。

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却……。
大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。
孤独なピアノ調律師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」。
サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。
(Amazon内容紹介より)

この小説は村上春樹の短編小説は村上春樹ビギナーである私に「この小説なら入門編として読めるよ」という村上春樹好きの読書家さんに推薦された1冊です。

短編なので1つ1つさらっと読むことができますが、考えれば考えるほどいろいろな視点・想いをどの短編からも感じることができます。

この機会をきっかけに村上春樹を初めて読みますという村上春樹入門者の方も
村上春樹めっちゃ読んでいます!という村上春樹好きの方
ぜひこの機会に一緒に語りあってみませんか。


<ええやん朝活読書会とは?>
http://eeyanasakatsu.com/page-23/

詳細


日時
2017年6月24日(土)
9:10開場 9:30スタート 11:30終了予定

(希望者のみ会の終了後に本棚を使った本の交換会も行います
詳しくはこちらの記事を参照→http://eeyanasakatsu.com/post-1768/)

参加費
700円(飲み物、お茶菓子、会場費として)

持ち物
・「みんなで語り合いたい」と思うおすすめの1冊
・筆記用具
(*希望者のみ:人と交換したい1冊)

開催場所
TOKYO PRODUCERS HOUSE
東京都千代田区神田錦町3−11弦本ビル2F
*こちらの中華料理屋さんの2Fです
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13129928/dtlmap/
最寄駅:都営新宿線、都営三田線、東京メトロ半蔵門線 神保町駅 徒歩6分
東京メトロ東西線 竹橋駅徒歩6分

詳しいアクセスはこちらから
神保町駅から http://producershouse.jp/access-from-jinbocho/
竹橋駅から http://producershouse.jp/access-from-takebashi/

参加方法
下記のお申し込みフォームから参加申し込み承っております。
http://eeyanasakatsu.com/page-19/


注意


・会を通じてのビジネス・宗教勧誘等は他の参加者が不快に思うこともございますので、そのような目的での参加はご遠慮ください。もし他の参加者より問い合わせがありましたら朝活主催者ネットワーク等を通じて共有させていただく等の処置をとらせていただきます。

・運営を円滑に行い、参加される方に有意義な時間を過ごしていただくため、連絡無しでキャンセルされる方等最低限のマナーを守れない方は、次回以降のご参加をご遠慮頂く場合があります。

WHO IS OWNER?

川西 克典
川西 克典
1990年生まれ。はじまりのきっかけを提供する「ええやん!朝活!」を主催している。以後「ライバルは布団」を合言葉に「本」を中心に新たな出会いが生まれる朝活を開催中。他に「あなたの当たり前がきっと誰かの役に立つ」をコンセプトとしたシェアセミナー「もうやん文京」を主催。